カナダ・バンクーバー市の排水・廃棄物関連規制調査

  • slide

    背景・目的

    クライアントである日系食品メーカーは、カナダのバンクーバー市において食品製造工場を開設する計画を持っていた。計画を具体化するにあたって、その工場から排出される排水や廃棄物を処理する際に遵守するべき法規制の内容や、排水処理設備の設置要否、バンクーバー市より取得する必要のある許認可の有無等を把握する必要に迫られていた。

    アプローチ

    バンクーバー市の環境保護対策部門の職員に遵守するべき法規制の内容や、許認可取得の有無を聞き出すのみならず、既に同市において食品製造業を営んでいる同業他社に、排水や廃棄物の処理を実際にどのように実施しているかを、同社のコンプライアンス担当者へインタビューを実施することにより把握した。最後に、クライアントが今後バンクーバー市の環境保護対策部門の職員に直接質問をすることができるように、クライアントを市の職員に紹介し、両者の間のコミュニケーションルートを設けることも行った。

    調査成功のポイント

    当初クライアントのご要望には、バンクーバー市において既に食品製造業を営んでいる同業他社へのインタビューを実施するという業務は含まれていなかった。しかし、実際に排水や廃棄物の処理を日々実施している同業他社にインタビューを実施することによって、行政職員から得られる情報よりもリアルな実態が反映された情報を入手することができ、結果としてクライアントにご満足いただける情報をご報告することができた。